HOME
格安ホテル・旅館
格安ビジネスホテル
国内格安ツアー
格安温泉宿
公共の宿・格安の宿
格安海外ツアー
格安海外ホテル
国内格安航空券
海外格安航空券
Tips
格安で入れる温泉
ツアーのポイント
貸別荘のポイント
素泊まりのポイント
仮眠できる施設
車中泊のポイント
一般道を走る
格安バス
割引料金で遊ぶ
Link
旅行に便利なリンク
観光協会・旅館組合
交通情報・天気予報


車中泊のポイント
ある意味、究極の宿泊術が「車中泊」。なにせ宿泊費はタダですし、予約もとらなくてよいのですからお手軽ですね。最近では道の駅などパーキングスペースが増えたのとミニバンなど車中泊しやすい車が人気なことから、車中泊をする人が増えてきました。しかし「道の駅」によっては車中泊の車両で駐車場が埋まってしまい、規制をかけるところなども出始めています。

1.車中泊のメリット

1. 宿泊代が無料
旅行の際の人数が増えるほど宿泊費の負担は大きくなります。普通の旅館に休前日に泊まれば大人2人、子供2人の家族4人で約4万円ぐらいの出費。宿泊を車の中ですれば宿泊費はタダ。朝食と夕食を外食などで済ましても3万円ぐらいは浮く計算となります。

2. スケジュールと場所を自由にできる
「5時までに予約した旅館やホテルに着かなくてはならない」などの制約が無いので、時間に縛られずに食事や観光をすることができます。逆に気に入ったところで時間がかかってしまった場合は車中泊する場所を変更することも可能なので、常に余裕を持った行動ができます。

3. 食事を選べる
日本全国、どこに行っても旅館の夕食はほとんど変わりません。懐石風の小鉢に刺身、天ぷら、1人用なべ、茶碗蒸し・・・。しかも、子供や女性にとっては量が多すぎることもしばしば。味がとびきりおいしいのならともかく、そんなところに庶民は宿泊できません。車中泊ならば地元で評判のレストランなどおいしい店を選べますし、浮いた宿泊代でちょっと贅沢もできます。

4. 渋滞を避けられる
GWやお盆、連休など、渋滞がおこりそうな日は前夜に出発、渋滞ポイントを過ぎたところで車中泊すれば翌日の運転やスケジュールはとても楽になります。

2.車中泊のデメリット
1. 寝不足になる
ふだん寝る場所と違う、狭いなどの理由で熟睡できない場合があります。また春先や秋の防寒対策を怠ると寒くて眠れないこともあります。

2. 夏と冬の問題
夏、冷房をかけないで狭い車内に何人も寝ていると、たいへん蒸し暑くなります。また冬は暖房をかけないと外と同じくらいまで車内の温度は下がってしまいます。ところが最近の「道の駅」では環境と車中泊対策からアイドリング禁止のところが増え、冷房や暖房を使えないところもでています。

3. 子供が大きくなると難しい
子供が小さいうちはミニバンでシートをフルフラットにすれば4人寝られますが、身長が伸びてくるとそうはいきません。車内に2段ベットを造るなどの対策が必要となります。

3.車中泊の場所
基本は「キチンとした駐車場」で「照明のあるトイレ」、「水道がある」などがポイントです。これらの要素を満たすところとなると「道の駅」や「高速道路のSA、PA」などが一番、便利です。

1. キチンとした駐車場
暴走族や怪しい車が来ないといことで、他にも車中泊の車が何台かいるようなキチンとした安心できる駐車場を選ぶ必要があります。

2. 照明のあるトイレ
簡易トイレを設置している公共駐車場もありますが、夜、照明がつかないようなことがあります。女性や子供にとっては特に不安です。

3. 水道がある
夜、ノドが乾いた時の水の補給にも便利ですし、朝に顔を洗う時にも便利です。

道の駅 高速道路のSA

4.車中泊に便利なリンク

ノッチの車中泊ガイド 車中泊のテクニック、持ち物、九州地方の道の駅ガイドなど。
車中泊するズラ 車中泊グッズの紹介や車中泊スポットの紹介。
道の駅 全国各地の道の駅の案内。
道の駅にある温泉 道の駅にある温泉施設を紹介。
SAPA情報 高速道路のサービスエリア、パーキングエリアの案内。
ドライブインネット 全国のドライブインが地域別に検索できます。









格安旅行・宿泊情報