HOME
格安ホテル・旅館
格安ビジネスホテル
国内格安ツアー
格安温泉宿
公共の宿・格安の宿
格安海外ツアー
格安海外ホテル
国内格安航空券
海外格安航空券
Tips
格安で入れる温泉
ツアーのポイント
貸別荘のポイント
素泊まりのポイント
仮眠できる施設
車中泊のポイント
一般道を走る
格安バス
割引料金で遊ぶ
Link
旅行に便利なリンク
観光協会・旅館組合
交通情報・天気予報


仮眠できる施設
秋が深まり気温が下がってくると、さすがに野外でのキャンプや車中泊はつらいところです。そこで便利なのが仮眠ができる温泉施設や健康ランド。仮眠といえば終電に乗り遅れたお父さんがサウナで利用したりしますが、けっこう観光地にある健康ランドでも仮眠ができるところがあります。またスキー場の仮眠施設も利用の仕方によっては格安旅行の強い味方になります。

1.仮眠ができる温泉施設や健康ランド
24時間営業かそれに近い営業時間の施設には仮眠所が設置されています。基本は大部屋で他のお客さんといっしょに寝るもので、ほとんどが男女共用となります。中には女性専用の仮眠室があるところもありますが数は少ないです。利用のポイントとしては以下のようなものです。

1. 料金が安い
仮眠で利用する場合、深夜料金ということになります。だいたい通常の料金の倍ぐらいの設定で2000〜3000円(もちろん入浴料金込み)ぐらいのところが多いようです。

2. 入館後は外出ができない
持ち込み禁止のところが多いので食事などは館内でとるか(深夜料金の時間帯には食堂が閉まっているところもあります)、外で食事をしてから入館することになります。

3. 時期によって混雑する
正月、GW、お盆など時期によって混雑するので、そうなるとたのお客さんのすぐ近く寝る覚悟も必要。当然イビキなどうるさいこともあります。

4. 期間限定の営業
新潟県の妙高高原や石打などスキーシーズンの時期だけ24時間営業となり、仮眠ができるところがあります。

5. 寝る場所はさまざま
仮眠室といっても施設によってさまざま、寝るところも違います。テレビ付きの豪華なリクライニングチェアのところもあれば、大広間に薄いマットとに毛布というところもあります。

健康ランドとサウナ・カプセル
ホテル・安宿宿泊のススメ
カプセルホテルや宿泊・仮眠ができる健康ランド、サウナなどを紹介しているサイト。

2.スキー場の仮眠施設
かってのスキーブームのころ、どのスキー場も仮眠室をつくりました。現在は仮眠施設の営業も減り、ほとんど休前日の営業だけとなりました。しかも有料のところが多くなり、無料の場合は早朝の3時間だけとか制約があります。でも中には無料で長時間利用できるところがあります(毛布などの貸し出しはありません)。うまく使えば駐車料金だけで利用できる訳ですから、とてもリーズナブルです。
   1.長時間利用できる無料の仮眠所(休憩室)があるスキー場

群馬県 パルコール嬬恋スキーリゾート
新潟県

舞子後楽園スキー場

岩原スキー場

長野県 ブランシュたかやまスキー場
エコーバレースキー場

   2.仮眠所(休憩室)があるスキー場

スキースノーボードリンク 全国のスキー場のリンク集。仮眠所、託児所、キッズパークのあるスキー場などがタイプ別に探せます。









格安旅行・宿泊情報