HOME
格安ホテル・旅館
格安ビジネスホテル
国内格安ツアー
格安温泉宿
公共の宿・格安の宿
格安海外ツアー
格安海外ホテル
国内格安航空券
海外格安航空券
Tips
格安で入れる温泉
ツアーのポイント
貸別荘のポイント
素泊まりのポイント
仮眠できる施設
車中泊のポイント
一般道を走る
格安バス
割引料金で遊ぶ
Link
旅行に便利なリンク
観光協会・旅館組合
交通情報・天気予報


貸別荘のポイント
バブルの崩壊後、貸別荘の数は減っています。これは不景気により新規に貸別荘が造られていないことと、コテージタイプのホテルが増えているためです。
貸別荘には大きく分けて2つのタイプがあります。不動産会社などが貸別荘専用の建物を建てて営業しているもの。個人所有の別荘を管理会社が借り上げ、一般に貸し出しているものです。貸別荘専用のほうはいささか建物が古くなっているところなどリーズナブルな料金で借りられますし、個人所有タイプの貸別荘にはけっこう豪華なつくりのところもあります。

1.貸別荘のメリット

1. 人数が多いほど安くなる
ほとんどの貸別荘の料金は宿泊する人数が増えるほど1人あたりの料金が割安になるように設定されています。同じ別荘でも2人で利用すると1人1万円以上かかりますが、6人で利用すれば1人5000円ぐらいとなります。また古い貸別荘などでは人数が多ければ1人3000円台ぐらいで泊まれるところもあります。

2. 別荘のオーナー気分が味わえる
庶民にはなかなか味わえない別荘のオーナー気分を味わえます。個人所有タイプの貸別荘には眺望が良かったり、家具や調度品、食器が豪華だったりというメリットもあります。

3. 食事を自炊できる
貸別荘での食事は自炊か外食となります。自炊の手間を惜しまなければ、地元のスーパーや商店で旬の食材を購入しておいしくてリーズナブルな食事を作ることも可能です。

2.貸別荘のチェックポイント

1. 備品
基本的に室内にある備品は宿泊料金の中で利用できます(貸別荘により違いがあるので要確認)。備品はテレビ、冷蔵庫、電子レンジなどの他に食器や包丁・鍋などの調理用具もあります。別途、有料の貸し出し品になっているのはカラオケ、ビデオデッキ、バーベキューセット、土鍋、カセットコンロ、野外用のテーブルや椅子などです。料理に使う調味料類は備品だったり、貸し出し品だったり、種類によって違う場合もあります。

2. 設備費用
利用料(宿泊費)以外に設備費が設定されている場合があります。またこれとは別に夏は冷房費、冬は暖房費を請求される場合があります。

じゃらん 貸別荘もかなり登録されており、もちろん宿泊予約もできます。
acoペンション&
貸別荘AllJapan
貸別荘・ペンションのリンク集。
レゾンネット 個人所有の別荘をレンタルしています。


3.本物の別荘を借りる
知り合いなどに別荘の所有者がいれば別荘を貸してもらうのも一つの方法です。この場合、支払うのは宿泊費ではなく貸してもらったお礼ですから1人3000円も払えば良いですし、5〜6人で利用したとしても1万円も払えば十分です。
別荘の所有者としても1年にせいぜい5〜6回しか利用しないのに、維持費だけで戸建て別荘で20〜30万円、リゾートマンションで30〜60万円もかかりますので、良い副収入になります。また別荘は利用しないと傷みが早くなるので老朽化防止にも役立つというメリットがあります。



じゃらん 貸別荘に泊まろう!




格安旅行・宿泊情報