北軽井沢森の家TOPハイキング


北軽井沢がある浅間高原は南を浅間山、北を草津白根山、西に四阿山と3方を日本百名山に、東を浅間隠山(日本200名山)に囲まれています。これらの周辺の山は日本の背稜山脈の一角で太平洋側と日本海側の分水嶺にもなっているため、いずれも頂上からの展望がよいのが特徴です。

湯ノ丸山 烏帽子岳 篭ノ登山
黒斑山 四阿山 草津白根山
浅間隠山 鼻曲山 浅間山

浅間高原自体が標高が高いため周辺の山への登山は歩行時間も短く、標高差がすくなくなります。また夏は高峰高原や湯ノ丸高原、志賀高原などは高山植物の宝庫となります。
その他にも北八ヶ岳、北信五岳、谷川連峰まで自動車で2〜3時間ぐらいでいけるため、別荘をこれらの登山基地として利用することができます。


湯ノ丸山  (ユノマルヤマ)
標高 2101m
登山コ−ス 地蔵峠→つつじ平→山頂
     (歩行時間 約1時間)
メモ 地蔵峠からの登りは最初のスキー場のゲレンデ部分だけは急ですが、その後は全体にゆるい登りとなります。頂上はなだらかな草原で展望が良く、ファミリ−でのハイキングにも適しています。特に6月下旬から7月にかけては天然記念物のレンゲつつじの大群落が咲きほこり、とても美しい景色になります。 湯の丸山のレンゲツツジ


烏帽子岳  (エボシダケ)
標高 2065m
登山コ−ス 地蔵峠→キャンプ場→山頂
     (歩行時間 約1時間30分)
地蔵峠→つつじ平→湯ノ丸山→鞍部→山頂
     (歩行時間 約2時間)
メモ 山の形が烏帽子に似ていることから名前がついた山で、山頂からは雄大な北アルプスと上田盆地が見渡せます。
特に10〜11月初めの北アルプスに初雪が降り、雪化粧する頃の眺めがおすすめ。


篭ノ登山  (カゴノトヤマ)
標高 2227m
登山コ−ス 池の平→山頂
     (歩行時間 約1時間)
高峰温泉→水の塔山→山頂
     (歩行時間 約1時間40分)
メモ 山頂には1等三角点が有り、浅間山、白根山、八ヶ岳、北アルプスなどの展望がすばらしい山です。ふもとの池の平湿原はたくさんの高山植物が咲きます。 池の平湿原の花
池の平には駐車場が有りますが、高峰林道は夏季の土休日とお盆期間は交通規制により高峰高原や湯の丸高原からシャトルバスを利用することになります。また、冬季は積雪のため通行止めとなります。
※池の平駐車場は2005年から有料となりました。


黒斑山  (クロフヤマ)
標高 2405m
登山コ−ス 車坂峠→トーミノ頭→山頂
     (歩行時間 約1時間30分)
メモ 車坂峠からは最初、樹林帯を登っていきますが標高を上げていくと、北アルプスや八ヶ岳などの展望が開けてきます。途中には浅間山噴火の際に避難するためのシェルタ−もあります。トーミの頭からは浅間山の外輪山で断崖となっているため、一部注意が必要。ここから見る浅間山と外輪山の断崖が続く様子はは迫力満点。


詳しい情報は小諸市役所のホームページ
 


浅間隠山  (アサマカクシヤマ)日本二百名山
標高 1757m
登山コ−ス 二度上峠登山口→山頂
     (歩行時間 約1時間40分)
メモ 倉淵村方面から浅間山を見ようとした時、この山に隠れて見えないことから浅間山を隠す山として名前がついた山です。この山もツツジが多く、6月のシ−ズンには目を楽しましてくれます。頂上からは谷川連峰から日光連山、富士山、奥秩父、八ヶ岳、南、中央、北アルプス、浅間山、志賀高原など、まさに360度の大展望です。
二度上峠と登山口に駐車スペ−ス有り。


鼻曲山  (ハナマガリヤマ)
標高 1655m
登山コ−ス 二度上峠登山口→氷妻山→山頂
       (歩行時間 約1時間50分)
メモ 二度上峠からこの山を見るとまさに人間の鼻の形をしていることがよくわかります。頂上からは浅間山.浅間隠山.榛名山.妙義山などを展望できます。
二度上峠に駐車スペ−ス有り。


浅間山  (アサマヤマ) 日本百名山
標高 2568m
登山コ−ス 浅間山荘→火山館→湯の平口→賽の河原→前掛山
  (歩行時間 約3時間40分)
車坂峠→トーミの頭→草すべり→湯の平口→賽の河原→前掛山
  (歩行時間 約3時間20分)
メモ 浅間山は活火山で山頂周辺4Kmが登山禁止区域となっています。2001年の7月以降小諸側のコースのみ規制が緩和され、自己責任での登山ができるようになりました。ただし登山できる場所、コースは浅間山の活動状況により変更となります。

詳しい情報は小諸市役所のホームページ
浅間山写真館へ


草津白根山  (クサツシラネサン)日本百名山
標高 2160m
登山コ−ス 白根火山駐車場→草津白根山山頂
     (歩行時間 約20分)
白根火山駐車場→逢ノ峰→本白根山山頂
     (歩行時間 約1時間30分)
メモ 草津白根山は日本一強い酸性の水をたたえる火山湖「湯釜」で有名で、駐車場から誰でも登れるためシ−ズン中は人が絶えません。
本白根山は昔は人気がなく草津白根山の喧噪とは別世界の静かな山でしたが、近年の登山ブ−ムで人が増えつつあります。頂上からは浅間山と浅間高原を中心に北アルプス.四阿山などの大パノラマが広がります。
白根山周辺は有毒ガスがいたるところで噴出しているため、登山道以外は要注意。

※現在、草津白根山は火山の入山規制のため登山できません。


四阿山  (アズマヤサン) 日本百名山
標高 2354m
登山コ−ス 鳥居峠→花童子の宮跡→山頂
      (歩行時間 約4時間)
パルコ−ル嬬恋リゾ−トホテル−(ゴンドラ)→浦倉山→山頂
      (歩行時間 約2時間20分)
登山用ゴンドラは7月〜10月まで運転、但し7月16日までと9・10月は土日祝日のみ運転。
パルコール嬬恋のホームページ
メモ パルコ−ル嬬恋スキ−場のゴンドラで標高2200mまで一気に登れるため、これを利用することでたいへん登りやすくなりました。ただ頂上付近にはヤセ尾根やクサリがあるので注意が必要。頂上からは北.中央.南アルプスをはじめ浅間山.上毛三山など展望できます。下りは浦倉山から登山道を下山すると、高山植物が咲く高層湿原の野地平にでることができます。


群馬大学教育学部
早川研究室のホ−ムペ−ジ
地質学と火山学を研究している群馬大学の研究室で浅間山、四阿山、草津白根山などの火山の生成や噴火の歴史などがあります。