TOP > レギュラーコーヒー

キューバ ETL

京の珈琲豆処グルメ館アンダッシュの「キューバ・ETL」です。焙煎は浅中煎りで価格は100gで604円。(税込み)

アンダッシュは京都府京都市西京区にある自家焙煎珈琲豆専門店で、400gまでは(ヤマト運輸 ネコポス)で全国250円で配送してもらえます。


キューバ・ETL(エクストラ・ツルキーノ・ラバド)は、1等級 のコーヒー豆(スクリーンサイズ18、欠点豆数12以下) で、「クリスタルマウンテン」(スクリーンサイズ18〜19、欠点豆数4以下)に次ぐ等級の豆です。精製方法はフリーウォッシュド。



豆のサイズは小さめです。ナッツの香りですが香りは独特。豆の色からすると浅煎りに近い焙煎ですが、香りは深煎りに近い香ばしさが感じられます。

味は酸味も苦味も弱いです。そういう意味ではコーヒーらしさが無いともいえます。口の中に甘みがパーと広がります。苦味は少し後からきます。

ホディは強くはありません。キレ、コクも弱いです。浅煎り独特のサッパリ感、スッキリ感があります。

この豆の宣伝文句では、キューバーお隣、ジャマイカのブルーマウテンに似ているとか、という言葉がよく出てきますが、それはちょっと違います。マイルドさは少し似ているところがあるかもしれないが、ボディやコクがまったく違う。味の誤魔化しに良く使われる「上品な味」とも違います。

口当たりも良く飲みやすいコーヒーですが、ヘビーユーザーには向かないと思います。
こういう味のコーヒーは繊細さを楽しむ物ですが、それがあんまり出ていないのが残念です。


京の珈琲豆処グルメ館アンダッシュ
http://www.gurumekan.jp/






TOP
コーヒーカップ



キューバ・ETL レギュラーコーヒー