TOP > レギュラーコーヒー

山本農園 W-18

北軽井沢の珈琲工房須田が自家焙煎している「山本農園 W-18」です。須田さんの1990年代から定番商品で価格は100g・440円(税込)。

山本農園はブラジルのミナスジェライス州にある農園で、標高は1150〜1200m。

W-18はブラジルのコーヒー豆の等級でいうと2でSC(スクリーンサイズ)は17-18となります。減農薬・有機栽培されたムンドノーボ種のコーヒー豆です。小粒で硬く熱が入りづらいため焙煎が難しいということで、現在は日本でも扱っているお店が少なくなっている豆です。

少しナッツやシトラス感がある独特の香りがします。味はフワーっとした軟らかい口当たりですが、ボディはしっかりとしています。

酸味や苦味は少なくて、けっこう甘味があります。雑味はほとんど感じられません。後味もスッキリしており飲みやすいコーヒーです。


珈琲工房須田
http://www.sudacoffee.com/






TOP
コーヒーカップ



山本農園 W-18 レギユラーコーヒー・スペシャリティコーヒー