よろずボード

[記事表示に戻る]

◇-太陽ニュートリノ問題と運命共同体:古墳誰時 2001/8/18-19:38#11
 ├説にとって有利と考えている観測結果など:古墳誰時 2001/8/18-19:40#12
 └説にとって不利と考えている観測結果など:古墳誰時 2001/8/18-19:41#13
  └太陽PPニュートリノはまだこれからか:古墳誰時 2001/8/18-19:42#14


トップに戻る
11太陽ニュートリノ問題と運命共同体古墳誰時 2001/8/18-19:38

[12] 太陽ニュートリノ問題と運命共同体

投稿者名: 古墳誰時 (ホームページ)
投稿日時: 2001年6月20日 05時07分

 「ニュートリノ起因の重力説」は「太陽ニュートリノ問題」と運命共同体であ
る、約30年前のそもそもの同説を発案した当初からずっとこのような認識でいま
す。

 日本物理学会編『ニュートリノと重力波(実験室と宇宙を結ぶ新しいメディア)』
(裳華房、1997.5.10第1版発行)

 上の書には太陽ニュートリノについての詳しい解説が載っていますので、主にこ
れを参考にしながら意見を述べていきたいと考えます。

トップに戻る
12説にとって有利と考えている観測結果など古墳誰時 2001/8/18-19:40
記事番号11へのコメント
[13] 説にとって有利と考えている観測結果など

投稿者名: 古墳誰時 (ホームページ)
投稿日時: 2001年6月21日 00時12分

 以下は、「ニュートリノ起因の重力説」にとって有利なことではないかと考えていま
す。

1.太陽から来るニュートリノ量の観測値は、標準太陽模型から理論的に計算した予測値
に対して約3〜5割であり有意に少ない。(「太陽ニュートリノ問題」)

 火(太陽での核融合)に油(宇宙から来て太陽に捕らえられたニュートリノ)を注ぐとます
ます燃え上がるという例によって、理論的計算値に対する観測上の不足分については「宇
宙から来て太陽に捕らえられたニュートリノ」が該当するかもしれません。

2.だいぶ以前のことになりますが、「太陽から来る低エネルギーのPPニュートリノは観
測されなかった」という内容の新聞ニュースがありました。「SAGE(Soviet-American
Gallium Experiment)の1990年の最初の観測結果発表内容は、ほとんど太陽ニュートリノ
が捕獲されないというセンセーショナルなものだった」との解説があります。

 このニュースに接して、「やはり太陽のニュートリノはバックグラウンドに埋もれてい
る、ニュートリノ起因の重力説は有理」と考えたものです。

3.(8)Bニュートリノの観測結果において、(7)Beニュートリノがほとんど観測されて
いないという事実。

 太陽以外の宇宙全体から来るニュートリノによるバックグラウンドが大きいという可能
性を考えたい。




トップに戻る
13説にとって不利と考えている観測結果など古墳誰時 2001/8/18-19:41
記事番号11へのコメント
[14] 説にとって不利と考えている観測結果など

投稿者名: 古墳誰時 (ホームページ)
投稿日時: 2001年6月21日 00時49分

以下は、「ニュートリノ起因の重力説」にとって不利なことではないかと考えています。

1.PPニュートリノ観測可能なGALLEX(ガリウム実験、ヨーロッパ中心)とSAGE(Soviet-
American Gallium Experiment)がいずれも予測値の50%程度の観測結果を出している。

 これが正しいとすると、「バックグラウンドの方がはるかに大きい」は間違いとなり、
「ニュートリノ起因の重力説」もまず成立しません。ただし、SAGEが「ほとんど太陽ニュ
ートリノは捕獲されなかった」との発表に対して言い訳をするなど、非常に歯切れが悪い
感はあります。

トップに戻る
14太陽PPニュートリノはまだこれからか古墳誰時 2001/8/18-19:42
記事番号13へのコメント
[15] 太陽PPニュートリノはまだこれからか

投稿者名: 古墳誰時 (ホームページ)
投稿日時: 2001年6月23日 05時34分

低エネルギー太陽ニュートリノ(pp-ニュートリノ)のスペクトル測定などは今後の課題のようで
す。つぎのホームページの一番下の方に説明が載っています。

「ニュートリノ振動とその起源の解明」
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/tokutei/sinsei/node22.html


[記事管理] [過去の記事] [ホームページに戻る]

Tree Type BBS is Free.