[記事表示に戻る]

◇-【ホツマ伝】共立一女子の会議録か:古墳誰時2008/2/26-21:51#379
 ├【ホツマ伝】該当個所:古墳誰時2008/2/26-21:55#380
 └秀真伝による古代史解明図(2008.3.7版):古墳誰時2008/3/7-23:36#382


トップに戻る
379【ホツマ伝】共立一女子の会議録か古墳誰時 2008/2/26-21:51

孝霊元年の記事に「モロハカリ(諸臣議り)」の語句があります。7代孝霊
天皇と言えば、2世紀後半の倭国乱時代であり、卑弥呼と目される倭迹迹日百
襲姫(孝霊3年の生れ)の父親です。百襲姫は生まれる以前から諸臣によって
運命が定められていた可能性あり。

5代孝昭の即位AD142年から中宮(ヨソタリヒメ)冊立AD154年までは正しそう
ですが、その後の6代孝安の記事は無理に辻褄を合わせたように思われ、孝昭
は中宮冊立後に間もなくして崩じたかもしれないと考察しています(中国文
献での主無しの状態)。

その時点で第一臣下の春日が浮上して老齢の孝安が一時的に即位、次の孝霊
(孝安の子)が諸臣の議りによって後々のことまで考えられて即位したとな
れば、ホツマ伝の「モロハカリ(諸臣議り)」の語句は中国文献の「共立一
女子」と対応しそうです。

下図更新しました。
http://www.k3.dion.ne.jp/~yamas/kodaiy2k/kodaisi9.gif


トップに戻る
380【ホツマ伝】該当個所古墳誰時 2008/2/26-21:55
記事番号379へのコメント
ホ32001 ホツマツタヱ ミハタのミソフ 第32章
ホ32002 フジとアワウミミズのアヤ  
ホ32003 トキアスス ヨオフソヤトシ  
ホ32004 ハツソフカ アマツヒツギを  
ホ32005 うけつぎて ヤマトフトニノ  
ホ32006 アマツキミ イムナネコヒコ  
ホ32007 モロはかり アメのミマコの  諸臣議り 
ホ32008 ノリをもて タミにをかませ  
ホ32009 ハハをあげ ミウエキサキと  
ホ32010 コゾシハス ヨカにクロタの  
ホ32011 イホドミヤ うつしてコトシ  
ホ32012 ハツコヨミ フトシキサラギ  
ホ32013 ソヒにたつ シギのヲヲメが  
ホ32014 ホソヒメを キサキぞカスガ  
ホ32015 チチハヤが ヤマカヒメなる  
ホ32016 スケキサキ トイチマソオが  
ホ32017 マシタヒメ ココタヱとなる  
ホ32018 ウチヨタリ ヲシモもヨタリ  
ホ32019 ミトシハル ヲヲミナクチと  
ホ32020 ヲヲヤクチ ともにスクネと  
ホ32021 ナツウチメ ヤマトクニカが  
ホ32022 ミツコうむ ナはみなヤマト  
ホ32023 モモソヒメ ヰサセリヒコに  
ホ32024 ワカヤヒメ ハハもヤマトの  
ホ32025 ヲヲミヤメ ソヒフユイモト  
ホ32026 ハエをウチ ソミシハスハツ  
ホ32027 ハエヒメも またミツゴうむ  
ホ32028 ナはヱワカ タケヒコのナカ  
ホ32029 ヒコサシマ トワカタケヒコ  
ホ32030 ハハもあげ ワカオオミヤメ  
ホ32031 ソヤホハル ハツモチキサキ  
ホ32032 うむミコは ヤマトネコヒコ  
ホ32033 クニクルの イムナモトギネ  

吾郷清彦『全訳秀真伝』新国民社、S55年

トップに戻る
382秀真伝による古代史解明図(2008.3.7版)古墳誰時 2008/3/7-23:36
記事番号379へのコメント
4代徳懿〜5代孝昭の年代ミスを訂正しました。他は2008.2.26版と同じ。

http://www.k3.dion.ne.jp/~yamas/kodaiy2k/kodaisi10.gif



[記事管理] [過去の記事] [ホームページに戻る]

Tree Type BBS is Free.