新規記事を投稿

タイトル: 卑弥呼は倭迹迹日百襲姫
投稿者 : 古墳誰時<ety6kcu@m08.alpha-net.ne.jp>
URL   : http://www.alpha-net.ne.jp/users2/ety6kcu
登録時間: 2001/3/3-7:49

 卑弥呼は神功皇后でないことは確実である。

・ 鬼道に事え。

・ 年すでに長大なるも夫婿なし。

・ 大いに冢を作る。

・ 宗女台与年十三なるを立てて。

 などの記事から倭迹迹日百襲姫と判定する。大神神社、信州の諏訪神社、武州児玉郡の金鑽神社
などは御神体のない三社であり、三輪山から大神神社の辺りは高度な統一的な神域だった。

・二上山から石を大量に運んで「箸墓」を作る日本書紀の大工事の記事。

・魏志倭人伝の記事、「卑弥呼すでに死す。大いに冢を作る。径百余歩。殉葬する者、奴婢百余
人。」

・北史の記事、「正始中、卑弥呼死す。」

・魏志倭人伝正始八年(247)の「狗奴国の男王卑弥弓呼(=武埴安彦)」と紛争中の記事。

・後漢書倭伝、「桓、霊の間、倭国大いに乱れ、更々相攻伐し、歴年主なし、一女子有り、名を卑
弥呼と曰う。年長じて嫁せず、鬼道の道に事え、能く妖を以って衆を惑わす。是に於て、共に立て
て王と為す。云々。」

 時代も年齢も日中両国の古代文献がぴったり符合していて何も不合理はない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
感想:

 ごもっともの一言。だいたい箸墓古墳の築造年代などは三十年前のこの本を読んで決めるべきで
ある。今だに三世紀後半壱与の墓などとはなんじゃらほい。「箸墓古墳」は地名「箸中」にある
が、これは「ハシハカ」→「ハシナカ」と変化したものである。


親記事コメント
今日に通用する青木史学の神髄-投稿者:古墳誰時 なし

[ツリー表示] [番号順表示] [ホームページに戻る]