新規記事を投稿

タイトル: 今日に通用する青木史学の神髄
投稿者 : 古墳誰時<ety6kcu@m08.alpha-net.ne.jp>
URL   : http://www.alpha-net.ne.jp/users2/ety6kcu
登録時間: 2001/3/1-5:7

 一度は手放してしまいましたが、再び古書を手に入れることが出来、早速ページをめく
りました。

青木慶一著「邪馬台の美姫−日本古代史測定論」(毎日新聞社、S46年)

 書中で「青木史学」とあり、全てではないが今日に十分通用する個所が多いため、その
青木史学の神髄を拾ってみたいところです。



親記事コメント
青木慶一著『邪馬台の美姫』ついに念願の古書発見-投稿者:古墳誰時 邪馬台国問題は人名から解読-投稿者:古墳誰時
狗古智卑狗は武埴安彦-投稿者:古墳誰時
台与は豊鍬入姫-投稿者:古墳誰時
全て国内での出来事-投稿者:古墳誰時
伊支馬は垂仁天皇-投稿者:古墳誰時
崇神元年は西暦238年(景初二年)-投稿者:古墳誰時
諸国名の接壌式解読法-投稿者:古墳誰時
卑弥呼は倭迹迹日百襲姫-投稿者:古墳誰時
「倭国王帥升等」は「孝安天皇」-投稿者:古墳誰時

[ツリー表示] [番号順表示] [ホームページに戻る]