小笠原伯爵邸
(旧小笠原長幹邸)

■建築年代 1927年(昭和2)
■設   計 曽禰中條建築事務所
■施   工 石井組
■構   造 鉄筋コンクリート2階
■ 所在地  東京都新宿区市谷河田町10-10




 現在、お屋敷レストランとして人気を博している小笠原伯爵邸ですが、もともとは小笠原長幹邸として建てられました。
 東京都の所有になってから、一時期は東京都中央児童相談所として利用されていたこともありましたが、空き家になり荒れ放題でした。
 東京都から無償で借り受ける代わりに、都民が広く利用できる施設として民間が、修復費を負担するという異例の公募により、レストランとして生まれ変わりました。
 無償で都から借りられる期限は12年。
 そのうち、修復に2年かかったとそうです。
 修復費用は10億円!!ランチが7,000円なのもナットクです^^;;
 小笠原伯爵邸のHPはこちらです。



小笠原伯爵邸全景...のつもり。
大きすぎてうまく入りません。
喫煙室外観。
テラコッタの飾りが目を惹く。


小笠原伯爵邸玄関部分。

入り口の飾りガラスには鳥かごが...。
小笠原邸には多くの鳥が見られた。
玄関ホール天井のステンドグラス。
鳩が舞っている....。

喫煙室内部。
スパニッシュな建物の中で、唯一イスラム風...。
現在女子トイレで使用されている照明。
以前は応接室だった。

旧ダイニングルーム。
テーブルはオリジナル。
旧リビングルーム
奥に見えるのはシガールーム。

旧使用人部屋。
現在はVIPルームになっている。
地下の会員制ワインセラーの奥に鶏の像が...。
昔は井戸だった。
天窓から光がこぼれてくる。

中庭から見える窓。
ティールームになっている中庭の階段

小笠原邸の守り神!?
近所の方が持っていてくれたものを、修復時に使用。
おしゃれな定礎。
1926年に工事を着工したのが判る。

庭にあるにわとりのパン焼き窯と喫煙室。
愛嬌のあるにわとりのパン焼き窯。
蓋はボイラーの蓋を転用したオリジナルだとか...。




Photo by Docile
2003.5.3
2003.6.16一部加筆

Back